「鼻水の重要な役割」2017年07月26日 16:25

たったこの間、風邪を引いたばかりなので、この新聞記事に目がとまりました。

喉痛の次に現れたのが「さらっとして水っぽく、透明な」鼻水でした。「風邪の初期にも水っぽい鼻水が出ます。」やがて、ドロッとした粘りけのある鼻水に変わりました。

「侵入したウイルスや細菌などを、白血球の中のリンパ球や顆粒球という細胞が処理した」残骸だと記されていました。
それにしても体の仕組みはよく出来たものです。

「健康を保つために~1日1~1.5㍑」も分泌されているとは驚きです。
「くしゃみ時速300㌔、せきは時速150~200㌔」とは、さらに驚きでした。

風邪の最終段階では、せきにひっきりなしに襲われ、みぞおちが痛くなるほどでした。
なるほど納得ですね。

「」内は、2017/07/26付け中国新聞「みみ・はな・のどの健康考」(北西剛氏)より。

誕生日に風邪のプレゼント!2017年07月26日 11:48

今年、私の誕生日当日、朝から喉が痛んでいました。

しかし、体調不良を感じることもなく、暑い中自転車で駆けまわりました。

その夜から鼻水、頭痛、発熱、咳へと移り、正に風邪のプレゼントとなりました。

そんなこんなで、3日間床に伏して体を休めました。

ようやく日常生活に戻りましたが、足下がふらつくのです。
回復へ足を鍛える努力をします。

「土用丑の日に鰯」2017年07月26日 11:33

昨日スーパーの魚売り場は、うなぎ、うなぎ、うなぎの幟がはためき、うなぎは、どのケースにも一杯並べられ、かけ声も賑やかでした。

しかし、そんな中値段だけは見て帰りました。

そう我が家には、味付けした鰯の冷凍ものが用意してあったので、それを食しました。

ベランダにすだれ・テラスにテント2017年07月20日 15:47

ベランダのすだれ
昨日当地は梅雨明けしました。

早速南向きのテラスに日除けテントを下ろし、二階のベランダにはすだれを垂らしました。

これでかなり強い日差しを遮ることが出来ます。

この二つの装備は年中設置してあるもので、すだれの紐が朽ちてボロボロになっていました。早めの点検が必要でした。

「泥棒を捕らえて縄を綯う」とは、この事ですね。

「サ高住」見学2017年07月19日 21:40

地区の高齢者の会で「サービス付き高齢者住宅」のMハウスを見学してきました。

門をくぐると、高級ホテル仕様。
豪華な調度品、至るところに美しい絵画、ピアノ、広い温泉、ガーデンなどなど。

職員から施設利用料などの説明を受けた皆さん、とてもこんな所には入れないとぼやいていました。

個室は丁度ビジネスホテルの広さでしたが、ここでじっとしていなければならないなんて、いくらお金を積まれても“御免蒙る”たいです。

最高の介護サービスですが、、、!