憧れのテディベア2017年11月07日 11:35

シュタイフシャのテディベア
福屋広島駅前店のおもちゃコーナーに、釘付けになりました。

な、なんとシュタイフシャのテディベアが目に飛び込んできました。
やっと広島にやって来たのです。

色々見るだけと断って、気がすむまで眺めていました。
何を隠そう、今尚テディベアのファンです。

スイスに行った時高山電車の中で、テディベアの輸入販売している人と出会い、これから、その会社で行われるお祭りに招待れたと言う。

熱く語る話にすっかりはまりこみ、テディベアのファンになりました。

帰国して、シュタイフシャのクラブ会員になりました。
そして送られてきたのが、小さなテディベアでした。

それも、お店に飾られていました。何と値段は1万ちょっと。
驚きました。会費分の値段だったのです。

今でも大事に飾っています。

懐かしのブルガリアバラの谷2017年08月08日 16:00

今日「生活の木」から届けられた情報誌「ライフウエアーブック」(2017秋冬号)に、懐かしいブルガリアバラの谷の記事が載っていました。

私が旅人から聞いてあこがれたバラの谷。(2007年)

丁度6月3日バラ祭りの日。

ローズウオーターのシャワーでバラ畑に迎え入れられました。
民族衣装を着た可愛い少女がみこしに載せられてわっしょいわっしょい。

周囲には同じように民族衣装に身を包んだ老若男女たちが祭りを盛り上げて賑わっていました。
私たちはバラを摘み、レイにして持たせて貰いました。

大通りでは、バラの女王や扮装した動物のぬいぐるみたちが練り歩き、楽しいひとときでした。

「日めくり版・オランダ編」(NHK・BS103)2016年01月08日 10:50

毎朝BSで「あさが来た」の連ドラを視聴しています。

その後直ぐ「関口知宏のヨーロッパ鉄道旅」が1月4日から始まりました。

第1日目「真珠の耳飾りの少女」と「デルフトの眺望」(フェルメール・マウリッツハイス美術館)で鑑賞した関口知宏さんが、フェルメールの故郷デルフトを紹介。

私も同じコースを辿り旅をしました。
ひとりで歩いた街なので、まもなく19年を迎えようとしているけれど、今尚くっきりとあの風景が思い出されます。

朝のひとときをYouTubeで「アヴェマリア・メドレー」を聴きながら、、、、。

波照間島2015年12月18日 21:56

NHKBS「こころの旅」(俳優火野正平さん)の今年最終回は、沖縄県波照間島でした。

ここは日本最南端の島です。
この島を訪れたのが4年半前のことでした。殆ど人と出会うこともない道を一人で自転車を漕ぎ走りました。

ゆったりと流れる懐かしい風景を懐かしく視聴しました。

カリヨン2015年09月05日 21:57

「関口宏のヨーロッパ鉄道の旅」(NHKBSプレミアム)で、ベルギーの小さな街にカリヨンがありました。

’97年ドイツのグリム童話「ハーメルンの笛吹き男」で有名なハーメルンの街ですが、その広場で市民による舞台劇を観ました。

その広場に面した建物の壁に、カリオンがありました。
私には、とても珍しいものでした。

今日、ベルギーの街で、カリヨンの装置が紹介されていました。

まるでエレクトーンのようで、拳で叩くように演奏するのだと言っていました。

今までずっと、教会の鐘のように、打ち鳴らすものだと理解していました。
今日初めて、楽器だということを知りました。