「ぶらり美術館めくり」〔色鉛筆〕2016年04月30日 17:14

7本の色鉛筆
東京ならば、色鉛筆も様々用意されていることだろうと思って、文具店をのぞいてみました。

そこには様々な色の鉛筆を発見。
ちなみに、36色の値段をみると8000円代でした。あきらめて7本購入しま
した。

気に入って大人の塗り絵に使っています。

余談ですが、お茶の水本店と東京芸術大学店にそのお店があるようです。
さすがですね。

「ぶらり美術館めぐり」〔日本人ですか〕2016年04月03日 16:45

上野公園や美術館など、どこに行っても外国人の姿が多く見られました。

そして根津美術館内の庭を散策している時、写真を撮って貰いたいので、ふたりずれの男性に「日本人ですか」と声をかけると、「そうです」と答えてふたりは可笑しげに笑っていました。

根津美術館では―仏教絵画名品展―と、お茶会が行われていました。
女性の皆さんの美しい着物姿を館内のあちこちで見受ました。
そのせいか、外国人の姿も多く見受けられたのです。

日本に居ながらにして、可笑しな質問でしたかね。

「ぶらり美術館めぐり」〔さくら見物〕2016年04月01日 14:51

上野恩賜公園はさくらが開花して5分咲きくらいでした。

それなのに、ぼんぼりが飾られてシートを敷く場所も、きちんと線で区分けされていました。

人、人、人が擦り合うような雑踏で、行き交う人は外国人がほぼ半数位見受けらました。

恐らく今週末は満開となり、賑わうことだろうと推測しながら眺めました。
(3月28日)

「ぶらり美術館めぐり」〔パンダ〕2016年04月01日 14:43

3月28日朝、広島を発ち東京駅に到着後すぐ、山手線に(内回り)乗車して上野駅に到着しました。

到着してみると、ごった返す駅の中はいつもの風景とは違います。(???)「ええっ、上野なんだけれど、、、。」
旅の恥は掻き捨てとばかりに「上野公園はどこですか」と聞いてみる。おじさんが丁寧に教えてくれました。

それから上野動物園へ急ぎました。
パンダはどこ、どこ?いました、いました。
うろちょろ、うろちょろと歩き回る、テレビでおなじみの姿恰好のパンダ。

午後3時を廻り観客は少しだけなので、たっぷり見ることが出来ました。再びその場所へ、午後5時を過ぎるとひとりかふたりの観客なので、独り占め。

今度はパンダは獣舎に入り、こちらへ向けて大の字になり、むしゃむしゃとササを食べまくる姿をじっくり眺めました。

なんで、ササが美味しいのだろうと思いながらも、、、。

ぶらり美術館めぐり・12016年03月31日 21:29

3月末、東京都美術館、国立西洋美術館、東京国立博物館、根津美術館の4カ所を巡って来ました。

おまけは上野動物園で、初めて生パンダもたっぷり見てきました。

日程・行程は、後日載せますのでよろしくご高配の程。