「爽やか」2017年09月01日 10:43

「爽やかは秋の季語」と、「言葉の風景」(野呂希一・荒井和生・青菁社)に記されていました。

今朝の心地よい風の表現に季語があるのか気になり、辞書や著書で調べてみました。

結果「爽やか」は秋の季語ですが、「清々しい」も同義語のようでした。
因って、春に「爽やか」は使えない言葉なのですね。

余談
“よって”は、パソコンで、“因って”“依って”“拠って”などの色々な言葉が出てきます。どれを当てるのか、辞書を開いてみました。

“因って”は『前の文で述べたことを理由とすることを表わす。』(新明解・第五版)
そこで、“因って”を選びました。
日本語は奥が深いです。

今朝は「爽やか」一つの言葉に、広辞苑、語感の辞典、新明解、言葉の風景を広げて楽しみました。

半夏水(はんげみず)2017年07月08日 10:07

中国新聞天風録で(7/6)半夏水という言葉を知りました。

「夏至から10日余りで訪れる半夏生(はんげしょう)のころに遭遇する大雨のことだ。」と記されていました。

豪雨に島根や広島、九州が襲われ、大きな被害が出ました。
水の力の勢いには抗する術もなく、唯々自然の力にひれ伏す様のようでした。
これが「半夏水」だと言うのです。

被害に遭われた方々は、どれほどか心を痛めておられることでしょう。心中をお察し申し上げます。

一日も早い復興を祈ってやみません。

異体字2017年06月21日 11:11

先日工事関係者から受け取った名刺の文字が読めない。
今まで見たことがない字体なので確認したところ、同じ意味と読みでした。

興味が沸いたのでネットで調べてみると「異体字」という括りでありました。

続いて自分の名字も調べると、その文字の成り立ちまで知ることが出来たのです。

更に広辞苑では、その文字の異体字は表記されず、「異体字」の記述もありませんでした。

忖度辞書くらべ2017年05月30日 10:17

最近世間で流行っている言葉「忖度」を辞書で調べてみました。

先ずは、
『デイリーコンサイス用字用語辞典(三省堂)そんたく 心中を―する』
次いで、
『必携用字用語(三省堂)そんたくー推察。「意向を―する」』

『新明解・国語辞典・第五版(三省堂)【忖度】「他人の気持ちをおしはかる」意の漢語的表現。』

『広辞苑・第六巻(岩波)【忖度】(「忖」も「度」も、はかる意)他人の心中をおしはかること。推察。「相手の気持ちを―する」』

と、辞書それぞれ表現が違って面白い。
特に「忖」という文字が「はかる」を意味していたとは、勉強になりました。

再び膾炙・その12017年05月17日 10:49

先日新聞を読んでいると、再度、膾炙(かいしゃ‥話題に上って知れわたること)という言葉が出てきたので“またか”と。

そこで再び、『デイリーコンサイス用字辞典・1993年12月10日第1刷発行三省堂』を開き『かい』周辺を調べてみました。

“あるある”私の知らない言葉。

そこで抜き出してみました。

『隗・魁偉・皚々・街衢・晦渋・鎧袖・海嘯・剴切・慨然・咳嗽・該博・偕老同穴』こんなにありました。