『進取の気象(気性)に富む』2008年03月29日 20:40

私の父親は風来坊で、「進取の気性に富む」人だったような気がします。あくまでも私の中ではそういう思いです。

ふとそんなことを想い出して、口をついて出ました。

本当にこの言葉があるのかなと、新明解国語辞典で「進取」を引いてみると、『今までの慣習にかかわらず、意欲的に新しいことをすること。―の気象に富む』

「えっ」私は「気性」だと思っていたのに。よく見ると「気象」=「気性」であることが分かり、この言葉の記憶には間違いはなかったようです。

それを見つけるまでは、まあ「あたらずといえどもとおからず」と言い訳したのでしたが。でも、「あたらず」が、「中らず」とはびっくりでした。

『』内は新明解国語辞典より。

コメント

トラックバック